電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >>電脳卸ドロップシッピングについて>> ドロップシッピングとアフィリエイトの違い
電脳卸ドロップシッピングについて
リアルマーケットを利用したネットショップの作り方は別項ですので「電脳卸」、「もしもドロップシッピング」、「UP SOLD.COM 」の三つを解説していきます。

三社とも日本では比較的はやくドロップシッピングを開始した会社ですが各社ごとに特徴があるので特徴や私が気になる点などこれから解説します。運営者も初心者ドロップシッパーなので初心者の人がドロップシッピングを実践するのに参考になるよう頑張ります。

電脳卸ドロップシッピングの特徴について解説していきます。電脳卸ドロップシッピングの特徴は電脳卸が提供するのは商品画像と決済方法であるということです。今までドロップシッピングに近い形態の商売は個人対法人または企業体企業で普通に行われていました。

単純に例えるなら「物を作る人」から「物を売る人」は「商品を購入(仕入れ)」し、「お客に売る」ことで「利益」を挙げているという事です。これは様々な業種で行われている事で皆さんの日常で行われています。

ネットでも同じような形で商品を仕入れ自分のネットショップ上で商売をしている人達は沢山います。当然ですが商売ですから様々な経費や準備にお金が必要となります。

お金をできるだけかけずに商売ができないか?多くの人がこの難関に挑み欧米で発達したのがドロップシッピングなのです。電脳卸はさらに一歩進み、問屋販売者(ネットショップ運営者、電脳卸ドロップシッピング販売登録者)の仲介者として存在しています。
電脳卸ドロップシッピングの流れについて

上のイラストを参考に説明します。

  • ネットショップ訪問者がショップに掲載されている商品を注文する。
  • 商品を販売するショップはDS販売店(電脳卸会員)で商品は問屋の商品で自分の商品ではない。
  • DS販売店より受注注文が問屋で届き、問屋から注文者へ発送される。

以上が電脳卸のドロップシッピングの簡単な流れとなります。DS販売店は自分の商品ではなく問屋の商品を売っている、または紹介しているのが特徴です。同じく商品を紹介することで報酬を得る仕組みにアフィリエイトがありますが、ではドロップシッピングアフィリエイトでは何が違っているのでしょうか?

 
 
 
INDEX一覧(電脳卸ドロップシッピング)
 
 
 運営者情報