電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> 電脳卸ドロップについて
電脳卸ドロップについて

電脳卸にはドロップという方式で商品を仕入れることが可能なシステムがあります。従来の方式では仕入れに関しては無料で仕入れ商品が売れた場合に卸値を相殺した形で行われていました。

このドロップはより実際の商売に近い形となっており、ドロップ=「商品仕入れ値(電脳卸価格)+送料」になります。下記の図の流れがドロップの仕組みです。

ドロップ=前払い金またはデポジットと考えれば分かり易いと思います。商品3万円分の仕入れ金、またはデポジットとして予めドロップ3万円分を電脳卸で購入し、販売している商品が売れるごとに卸値を3万円の範囲で支払うという形です。この方法なら仕入れ予算額がドロップとして用意されているのでドロップ額以上の販売をしないで済みますし、売れるごとに卸先へ振込をする手間も省けます。

ただし、最初の段階で商品取引を開始するためにドロップを購入しなければならず、少なからず初期投資額が必要なことから初心者はドロップシッピングの販売に慣れてくるまでは「かんたんDS」で販売することをお勧めします。

 

 
 
INDEX 一覧(電脳卸ドロップシッピング)
 
 
 運営者情報