電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> リスティング広告について >> Google Adwords
リスティング広告について

最近、ネット広告で注目を浴び始めているのが、このリスティング広告です。リスティング広告は有料となるので広告に予算を投じられない人には不向きかもしれませんが、今後のサイトの成長に合わせて少しずつ広告展開を広げるのも視野に入れておくべきでしょう。

リスティング広告とは検索エンジンと連動して表示されている広告のことです。何のことか分からない人は下の画像赤丸を見てください。(参考サイト:グーグル、キーワードはプラダで入力)

赤丸で囲っている場所がリスティング広告と呼ばれる箇所です。「スポンサーリンク」と書かれていますが、この場所へお金を払って指定したキーワードで検索された際に広告が掲載される場所へ自分のサイトの広告を表示することができるのです。

今回の参考はグーグルからですが、グーグル以外にも似たようなサービス(有料はほとんど)があるので、広告予算と相談しながら自分に適したリスティング広告を展開すると良いでしょう。

画像でも分かるように今回の広告は、「プラダ」というキーワードに反応して表示されています。そのためリスティング広告は別の呼び名で「検索連動広告」、「WEB広告」とも呼ばれています。この広告は課金システムを採用しているのが大半で1クリックあたりいくらという形で有料となっています。この課金システムのことを「クリック課金」と呼びます。

例えば、リスティング広告を初めて行う人が最初なので予算を2万円を上限として設定したとします。実際の設定画面で1クリック当りの単価を決めるとクリック数のトータル額が2万円を超えるまで指定したキーワードに連動する形で自分の広告が表示されます。2万円を超えた段階で、その広告は表示されなくなります。

 

 
 
INDEX一覧(広告について)
 
 
 運営者情報