電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> もしもドロップシッピングについて >> もしもドロップシッピングと他のDSP会社の違い
もしもドロップシッピングについて

もしもドロップイングは「無在庫販売」を、インターネットで「誰でも」できるようにした。(もしもドロップシッピングより抜粋)という言葉とおり、誰でも簡単に在庫を持つ事なくネット上で商売=ネットショップ運営を行なえるドロップシッピングシステムを提供、開発している会社です。アフィリエイトを利用している人にとってアフィリエイトの不満点として挙げられる利益率の低い商品がおおい点がドロップシッピングの場合では自ら販売価格を設定する事が可能なため利益率を挙げる事が可能となります。

もしもドロップシッピングはアフィリエイトの手軽さでドロップシッピングを行う事ができるDSP会社と言えるでしょう。

もしもドロップシッピングはアフィリエイトと同じ手軽さでドロップシッピングが可能

ドロップシッピングを利用する上DSP会社と契約するのに重用になるのが以下の三つです。

  • 取り使える商品の種類が豊富にあること
  • 商品の卸問屋、企業が信用できること
  • 商品の決済機能、流通の仕組みがしっかりしていること

一番目の取り扱い商品の種類についてですが、実際に自分が販売したい商品がDSP会社に無い場合、ドロップシッピングシステムを使ったショップを開店することができません。その意味でDSP会社で取り扱う商品数または商品の種類が豊富である。が重要となります。

二番目の商品を卸している問屋、企業が信用できるは取り扱っている商品に違法性がない、商品在庫が安定している、注文客への発送が迅速であるなど自分が利用者の立場で気になる点をクリアーしている企業、店舗と契約を結ぶと良いでしょう。どんなに商品に魅力があっても顧客対応が悪い(発送が遅い、発送連絡がない、在庫がないのに注文を受け付けているなど)場合は顧客とお店、企業側のトラブルが商品を紹介している自分にも関ってくる可能性が高いので気をつけて選ぶようにしましょう。

三番目の商品の決済機能、流通の仕組みがしっかりしていることについては二番目と重複しますがオンラインショッピングで重要な個人情報を保護するシステムが決済機能についているか?また注文から発送までを商品を扱う側でしっかりと行えているか?などが大事です。

自分でネットショッピングを楽しむ際に気になる点を当てはめて考えると注意点もわかりやすくなるでしょう。

 
 
INDEX 一覧(もしもドロップシッピング)
 
 
 運営者情報