電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >>  もしもドロップシッピング運営方法 
もしもはアフィリエイトに近いドロップシッピング

初心者の人がもしもドロップシッピングを行う場合、最初はブログを利用したサイト運営がおすすめです。国内ドロップシッピングは大きく分けると三つのパターンに大別されます。ブログ上でドロップシッピングを行う「ブログ型」と「ホームページ(ECサイトとも呼ぶ)で行うECサイト形」、「自分で作成したデザインやイラストなどを販売するイラスト型」、(名称は分別しやすいように勝手に命名しています。)

もしもドロップシッピングはこの三つの中でもブログと愛称がよく、もしもドロップシッピングに会員登録すると販売用のソースコードを自動で書き出す機能を利用して手軽にブログへ商品を掲載することが可能となります。

実際、もしもドロップシッピングの会員にはブログを利用してサイト運営をされている方もおおく月商100万円以上という凄い人たちも誕生しています。ブログ自体もHTMLのような詳しい知識がない人にもそれなりのサイトをテンプレートを利用すれば構築することが可能なので複数のサイトを運営することが可能です。

ネットショップ運営やホームページつくりの知識に乏しい人向けにもしもドロップシッピングではもしも大学というネットショップ運営のための講座を無料で提供してくれています。(講座を受講するにはもしもドロップシッピングの会員になる必要があります、もちろん会員登録は無料です。)

>> もしも大学の詳細をみる

 
 
INDEX 一覧(もしもドロップシッピング)
 
 
 運営者情報