電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> 商品を仕入れる 
商品を仕入れる

リアルマーケットドロップシッピングでの商品仕入れについての解説ページです。リアルマーケットには16,000超もの商品が登録されおり販売者登録済みの人は誰でも自由に商品を仕入れて販売することができます。商品仕入れの際に料金が発生することもありませんので誰でも手軽にネットショップを運営することが可能です。

今回は商品選択までの流れを順をおって説明します。

  • 店舗設定画面のカテゴリー設定をクリックすると下記の「メインカテゴリー登録修正画面」に切り替わります。
  • 次に[1]メインカテゴリー名に販売する商品のメインとなるカテゴリー商品を入力します。ここではサンプルとしてメインカテゴリー名を「雑貨」とし[2]表示順に「」と入力しています。次に「サブカテゴリー」設定を行います。

メインカテゴリ登録設定画面

  • サブカテゴリー」とはメインカテゴリーの中で複数の商品をカテゴリーごとに分けるときに設定すると覚えておくと良いでしょう。今回は「メインカテゴリ→雑貨」とし「サブカテゴリー→ライト」と「サブカテゴリー→コップ」と設定しています。ここまでがカテゴリとサブカテゴリの登録方法となります。次はいよいよ商品を実際に仕入れる手順となります。

サブカテゴリ登録修正

カテゴリ、サブカテゴリの登録が終了したら次に商品を仕入れます。商品を仕入れる段取りは以下のようになります。

  • 商品管理→RM商品一覧」画面を選択し商品名に自分の仕入れたい商品名を入力します。
  • 商品名、カテゴリに入力後、「抽出ボタン」を押します。
  • 抽出後に該当する商品が一覧で表示されます。

RM商品一覧画面

次に表示された商品一覧からショップで販売したい商品にチェックをつけ「追加ボタン」を押します。
商品登録画面

追加ボタンを押すと下の画面に表示が切り替わります。これで商品登録が無事に完了した事が確認できます。この順序を仕入れたい商品分繰り返す事で商品を仕入れることができます。
商品登録確認画面

仕入れた商品数が多くなると自分で何を仕入れたか分からなくなるときがあります。その場合、簡単に仕入れた商品を確認できるのが「商品管理→取り扱い商品一覧」機能です。 取り扱い商品一覧をクリックすると仕入れた商品の一覧が表示されます。
取り扱い商品一覧画面

ここまでが商品仕入れの手順です。

 
 
INDEX一覧(リアルマーケット使いネットショップ)
 
 
 運営者情報