電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> UP SOLD.COMの活用方法
UP SOLD.COMの活用方法

UP SOLD.COMのデメリットで述べたように商品をデザインできないと自分のオリジナル商品を作りにくいのがUP SLODのデメリットと書きました。

絵が得意でない、写真撮影が下手なでの理由でUP SOLDの便利な機能をふいにしてしまうのは何とも惜しい話です。そんな場合でも他者と協力することでオリジナル商品を開発して販売することができます。

とても簡単なことですが、自分の不得意とする分野を得意としている人に不得意分野を任せて自分は販売に力を入れれば良いのです。

リサイクルマーケットなでに行くと他者の商品を委託販売という形で取り扱っているのを見た事があると思います。これと同じことをUP SOLD上で行えば良いのです。友人、知人からデザインの得意な人を探してみるのもひとつの手です。デザインを書いてもらう変わりに自分は商品登録や販売に力をいれて売上げは折半するなどの方法で利益を上げることも可能です。

UP SOLDでストア会員になればUP SOLDで取り扱っている商品のすべてをアフィリエイトとして扱うことも可能です。アフィリエイトの場合では成果報酬なので利益は下がりますが、商品のバリエーションを増やすと言う面では非常に効果的でしょう。

自分で商品を購入しオークションなどの場所で販売するという方法も考えてみると良いでしょう。前述していますが、自分の商品を自分が購入するときには本人割引が適用されます。

その場合には通常価格よりも安く商品を購入することが可能なので安く購入した商品を適正価格でオークションに出品して売りさばく事が出来れば手元に入る利益は増えることになります。

他のDSP会社ではオークションに関して積極的ではありませんが、この方法ならUP SLODとは関係なく自分の手元にある商品を販売するだけですから規定を犯すことにはなりません。

 

 
 
INDEX一覧(UP SOLD.COM)
 
 
運営者情報