電脳卸解説
電脳卸ドロップシッピング
アフィリエイトとの違い
電脳卸かんたんDS
電脳卸仕入れPRO
電脳卸ドロップについて
もしもドロップ解説
もしもドロップシッピング
他のDSP会社との違い
アフィリエイトに近い
運営方法について
UP SOLD解説
UP SLOD.COMについて
UP SOLD.COMの利点
UP SOLD.COMのデメリット
UP SLOD.COMの活用方法
キーワード対策・其の1
キーワード対策・其の2
大手サイト登録
ブログ対策
ページ内リンク対策
売れ筋商品とは
生活圏で入手できない商品
人前で購入しにくい商品
検索にヒットしやすい商品
高額でも欲しい商品
売れない商品とは
ニッチすぎる商品
何処にでもある商品
違法性の高い商品
広告活用
リスティング広告について
Google Adwords
オーバーチェア
X-LISTING
J-LISTING
オークション活用
オークションで売る
オークション対応DSP会社
オークションでの問題点
出品商品について
 
 
TOP >> 何処にでもある商品 >> 違法性の高い商品
何処にでもある商品

あまりにも身近にある商品なのでわざわざネットで探す必要がない。そんな商品が今回、説明している「何処にでもある商品」です。

ごく普通に販売されている日用雑貨や生活用品、そのような種類の商品はよほど安くない限りネットでわざわざ購入する人は少ないでしょう。高額な商品の場合では希少価値やブランド名などで購入層が限られてきますが、普通に手に入る商品の場合では購入層が多すぎて、どこにターゲットを絞ったら良いか判断に悩む事になります。

キーワード対策も広範囲におよんでしまうため日常生活で気軽に入手できる商品はドロップシッピングには向いていないと言えます。

しかし、これが海外向けとなると話は違ってきます。日本国内ではごく普通の商品が海外では高額で取引されることがあります。日本からの商品のニーズを調べるのに最適なのは海外オークションのebayです。ebayでは海外の人向けに扇子や和箪笥など日本文化をイメージさせる商品を販売している人が見受けられます。

ネックとなるのは日本のドロップシッピングで海外発送をしてくれる企業が限られており、海外向けに適している商品があっても取り扱いできないケースが出てきます。

その場合には一旦、自分で購入する形で在庫を確保してからebayで販売するか、または電脳卸のドロップを利用する形で商品代金をチャージしておきebay商品を出品、落札されてからドロップで卸値を支払い発送するという方法も可能かもしれません。

海外への販売を考えている人は卸先へ海外発送が可能か問い合わせてみると良いでしょう。OKな場合は日本国内に限らず海外へも販売路を拡大することができるので問い合わせて損はないでしょう。

 

 
 
INDEX一覧(売れない商品)
 
 
 運営者情報